ほんとのほんと

一浪&三留したアラサーダメ人間が社会と自分とのギャップに半笑いで半ば諦めながら立ち向かって(?)ゆくブログ。  精神年齢は最近19歳になった。

休みの日、なにしてる?

しゅうちゃんは休みの日はなにしてるの?

 

何気ない会話でよくなされる質問だが、そんなこと聞かれても困ってしまう。

何をするでもなく、ぼんやりしてる間に気が付いたらパジャマのままお昼、なんとか着替えてご飯を食べて、ぼんやりしていたらいつのまにか時間が消えていて、もう夕方、なんてことがザラだからだ。

読書をする日もある。でも一日中本を読んでるわけでは無い。

ネットで動画を見てる日もある。でもそれって何もしていないのと同じだし。

ジョギングしても長くてせいぜい3時間程度だし。

 

わたしは休みの日は何をしているのだろう??

自分でも思い出せない。

社会人って、休みの日、みんなどうしているのだろう。

 

 

こんなことを考えるのは、今日の同期のあつまりが散々だったからだ。

 

経緯はこうだ。

先月、職場の同期(男性)に子どもが生まれた。

そこで、彼と仲のいい10人で出産祝いに何かプレゼントしようという話が出た。

おむつケーキがかわいくて実用的でいいんじゃないかと誰かが言い出して、じゃあ来週末に、行ける人たちで買いに行こうということで話がまとまったらしい。

(らしい、というのは、この話し合いがラインでなされているあいだ、わたしは頭痛で寝込んでいたため経緯は後から知ったのだ)

 

翌日LINEに出欠確認のURLが送られてきた。

すでにネット上で候補を絞っているのだからそのままネットで買えば済む話では……? と思いつつも、仕事のある土曜の午前中以外なら行ける旨を回答した。

 

そしてふたを開けてみると

10人いるグループのうち、3人しか来ないという集まりの悪さである。

 

みんなの出欠を確認してみると、土日ともOKと答えた人が1人、日曜ならOKなのがわたし含め2人、どちらも「△(予定がわからない)」と答えたのが2人、あとの5人は全員が「両日ともに無理」だったのだ。

 

え? みんなそんなに忙しいんですか。

 

「△」と答えたうちの1人はものすごく忙しい部署にいるからおそらく仕事だろう。

でもあとのみんながいる部署はそこまでではないはずだ。

 

なにかい? みんなこんな寒い時期に旅行でも言っているのかい?

 

もちろん、仲がいいと言っても仕事仲間。休みの日にまで一緒に行動したくないと、嘘の回答をした人もいるのだろう。

そしてそうだとしても、わたしたちはたかが仕事仲間なので、だれも「来られないのは他にどんな用事があるの?」などとプライベートにつっこんだりもしないのだ。

 

とはいえ。

自分たちで「買いに行こう」と言ったからには予定が空いていれば来るつもりだった人もいたはずであり、今回来られなかった中には実際に土日とも予定が詰まっていた人が何人かはいたということになる。

 

みんな、一体どんな用事が?

 

土日は一歩も外へ出ないまま48時間が終わることも少なくないわたしには不思議でしょうがない。世の中の人はそんなに忙しく動き回っているのだろうか。

そういえば前通っていた美容院の担当スタイリストさんは、休日は予定が詰まっていないと不安になると言っていたな。わたしとは正反対だが、世の中にはそういう人もいるようだ。

しかしどうやったらそんなに予定を生み出せるというのか。

 

わたしも大学に入りたての頃はリア充に憧れて、できるだけ遊びの予定を入れようと躍起になった時期がある。

しかし結果は撃沈であった。

何をどうやっても、毎週遊びに行くというのは不可能だった。誘われないし、友だちも少ないし。

そもそも、他人と過ごすことに高確率で苦痛を感じるわたしがリア充になれるわけがない。

 

でも、世の中のキラキラした人たちはいつも忙しそうにしている。みんな何がそんなに忙しいのか。

 

というわけで、以下、羨望とやっかみを込めて可能性を考えてみた。

 

① 家族と一緒にいたい。もしくは、家の用事がある。

 これは既婚者や実家暮らしの人ならありそうな話だ。新婚ほやほやだから家にいたいとか、電車で一時間の場所にある実家に帰省するとか、要介護のおばあちゃんがいるとか、弟の大学受験の付き添いをするとか。

 19歳の時から、実家から数百キロ離れた場所でひとり暮らしをしているわたしにはなかなか想像が難しいのだが、ずっと実家暮らしをしている人は社会人になっても家族の手伝いや行事をサボれないかもしれない。

 

② デートなんで♡

 デートならしょうがない。

 今回ダメだったうちの4人が、恋人もしくは配偶者がいるということである。

 平日は会えないから土日は必ずお泊りになる、なんて人もいるかもしれないし。特に、恋人がまだ学生の場合、大学の試験が終わる今の時期はデートで忙しいかもしれない。

 

③ 高校・大学時代の友だちと遊びに行きます。

 学校卒業して10カ月以上たつのに土曜も日曜も遊びの予定が入っているとしたら、非リア充のわたしには衝撃の実態だけれど。

 えっ、リア充ってそんなに忙しいんですか。

 

④ 社会人サークルの活動がある。

 フットサルとかのおしゃれサークルに入っている人たちね。

 

⑤ スノボ・雪山登山に行く。

 シーズンだからね。

 

⑥ 資格試験の勉強がしたい。

 就職1年目で早くも転職を考えている人。

 

⑦ バイトなんで。

 うちはバイト禁止ですよ。

 

⑧ ネットで知り合った人とのオフ会がある。

 同僚には公言していない特殊な趣味がある人。

 

⑨ 休日は録り貯めしていたアニメを見るのに忙しいんです。

 そうですか……。

 

⑩ 土曜の夜は合コンだから昼間から気合を入れたいし、そこでいい女の子をゲットしたら日曜も無理かもしれない。

 そんな人いるのか?

 

⑪ 日曜はマラソン大会なので、土曜からコンディションを整えます。

 それはたぶんわたしだけだ。

 

 

……そろそろくるしくなってきた。

 

 

まあとにかく、多様な可能性があり、みんな忙しいかもしれないということがわかった。

しかしあくまで「かもしれない」の話。

本当のところは知らない。

 

同期どうしの飲み会の場などではみんなはしゃいでまるで友達のようになるからときどき勘違いしてしまうけれど、わたしたちは友達ではないのだ。

 

「休みの日、なにしてる?」

こんなことも気軽に聞けない。或いは、聞いても本当のことを答えてもらえない。

これはとても不思議。

仲がたいして良くないのなら不思議でもなんでもないが、わたしたちは集まればいつも、まるでなんでも言い合える友だちどうしのようにふるまうのだ。

なのに友達ではない。

わたしには不思議で不思議で仕方がない。

 

いつのまにこういう表面的な人付き合いをする年齢になっていたのだろう。

 

精神年齢18歳のわたしは、まだまだみんなについていけない。