読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほんとのほんと

一浪&三留したアラサーダメ人間が社会と自分とのギャップに半笑いで半ば諦めながら立ち向かって(?)ゆくブログ。  精神年齢は最近19歳になった。

清原が逮捕されたことについて

雑感

報道を見たときの最初の感想は、

 

 やっぱりなあ

 

だった。

幻滅や落胆ではない。同情の気持ちが強い。

 

まず断っておくが、わたしはスポーツのニュースは普段からてんで見ないので、今回の事件について何か語れる立場にはない。だからこれは、ただの野次馬のたわごと。

 

しかしスポーツに疎いわたしですら、清原くらいは知っている。わたしが通っていた大阪府内の小学校では、当時野球少年はみんな清原のマネをしたがっていたから。

だから「清原」っていうと、そのイメージ。野球少年みんなが憧れるスター選手だ。

 

そして、全盛期をとうに過ぎても、「清原」は「清原」のキャラのままだった。

ときどきテレビで見かける彼は、いくつになっても「番長」だった。

それが世間によって作られたイメージに自分をはめ込んでいるだけなのか、もともとの彼の性格が「番長」以外ありえなかったのかは、部外者のわたしにはわからない。

 

でも、そんな清原を見て、「つらいよなあ」と思ってた。

 

キャラを演じていたとしてもつらいだろうけれど、

「番長」にしかなれない人が、しかし実態はとうに空虚になっていて、その現実を受け入れられないまま、空っぽの番長であり続けていたとしたら、これも相当つらいと思う。

それでは自分がどこにあるのかわからないまま彷徨い続けることになる。

もう現役のスター選手にはどうやったって戻りようがないのだから、子どものころから変わらない夢を見ているだけでは、何かをがんばることすら出来ない。

 

普通の人なら、人生のいろんな場面でたくさん、何度も、諦めることを覚えていかざるを得ず、そうやって大人になっていくけれど、そのチャンスを逃し続けてしまう人だっているのだ。大きな成功を手に入れてきたスターならなおさら。

いまさら平凡な生活は送れない。ならいっそ地に落ちたほうがまし。

そう考えてしまうことだってあるだろう。

大人になってかかるおたふくかぜがつらいように、大人になって味わう挫折や孤独はきっと相当つらい。子どもみたいに、お母さんに看病してもらうわけにもいかない。

 

そうやってどうにも身動きが取れなくなっていきぐるしくなって、ようやく見つけた唯一の「逃げ道のようなもの」が薬物だったとしたら。

 

もちろん、だからって手を出すのは絶対に駄目だけれど、薬物で誰かが逮捕されたという報道を見るといつも、「きっとつらかったのだろうな」と思ってしまう。