吉田篤弘『おるもすと』(ネタバレを含みます)

「もうほとんど何もかも終えてしまったんじゃないかと僕は思う。」 そんな書き出しで始まるこの小説は、とてもさびしくてさびしくて、そしてとてもきれいで、登場人物は誰も泣いていないのになぜか読んでいるわたしが泣き出してしまいたくなるような本だった。 読み終えたとき、わたしはどこか別の物語でこの主人公に会っ…